© 株式会社アイ・ビー・アイ All rights reserved.

新卒採用Q&A:良くある質問

C401

会社説明や面接の際に、良くでる質問をまとめました。

◆ 採用について

Q:面接は何回ありますか?

A:人によりますが、2回程度が標準です。希望職種やスキルに等に応じて、選考方法は変化します。

Q:大学院生は歓迎されますか?

A:より深くモノを考える力がついていれば、大歓迎です。院卒のメンバーも何人かいます。

Q:部署の配属は、どうやって決まるのですか?

A:総合職採用の場合、原則、営業を担当します。商いの基本を、お客様とやりとりさせて頂くことで学びます。スペシャリスト採用の場合は、該当するスキルの部署に配属されます。

Q:内定後、研修とかありますか?

A:あります。内定者のスキルや、卒業研究などの状況を加味し、研修内容を決めます。論理的思考能力を高めるプログラムを組むことが多いです。

 

◆ ベンチャー企業について

C40-21

Q:ベンチャー企業の方が成長できますか?

A:これは、もう本人次第としか言いようがありません。労を厭わずに、自分の手を動かすコトが成長には必要だと考えています。自分の手でやること前提で、日々の仕事に取り組む。やることが前提な人と、やることが前提でない人では、同じ体験でもまったく違った景色が見えます。やること前提とした上で、いろいろな体験を積むことで飛躍的に成長します。

Q:ベンチャー企業に向いている人と向いていない人というのはありますか?

A:ベンチャーはやめておいた方が良い人

  • 物事を自分事として捉えられない人
  • 駄目な理由を見つけるのが上手いだけの頭の良い人
  • 肩書きが好きな人
  • 自分でモノを考えることのできない人
  • 泥臭いことが嫌いな人
  • 後ろ盾がないと何もできない人
  • 親に仕送りしてもらって当然と考えている人
  • 興味範囲が狭い人

Q:社会人になってから、勉強は必要ですか?

A:ベンチャーとは、関係ありませんね。勉強というのが何を指しているのかわかりませんが、必要かどうかの問題ではありません。学びは、喜びなのではないですか?

 

◆ 女性に関わること

C40-31

Q:女性が活躍できる制度はありますか?

A:女性かどうかは問題ではなく、仕事ができるかどうかが問われます。労働時間の長さを自慢するような風潮は皆無ですので、実際に短時間勤務を行うママさん(パパさん)も活躍しています。

実情で言えば、全スタッフの25%程度が、子供のいるお母さんたちでして、短時間勤務ですが、ディレクターなどの要職で活躍しています。ただ、それは「女性」向けの制度があるからではなく、いろいろな働き方があって然るべきという考えに基づいています。人それぞれ、抱えている事情は異なりますから。

Q:男女比は?

A:女性が65%くらいです。女性を優遇しているわけではなく、たまたま人材募集に応募してくる方が、パワフルな女性が多く、結果として女性の割合が多くなっています。もちろん、パワフルなメンズも大歓迎です。

 

◆ 会社の雰囲気について

C40-41

Q:会社の雰囲気は?

A:未だ小規模なこともあり、上下関係は良くも悪くもユルユルです。よく言えば、フラットです。誰も肩書きを重要視しませんので、肩書きが自分の沽券に関わるようなタイプの人には、向きません。あと当たり前ですが、派閥もありません。意見がある時は、言わないと馬鹿にされます。

Q:体育会系ですか?

A:違うと思います。代表が下戸なので、無理に飲ませるみたいなノリは皆無です。

 

◆ お仕事の内容について

C40-6

Q:営業のノルマありますか?

A:ノルマは、ありません。ただ、「自分の能力に自信がなく、ノルマのない会社が良い」、というような考え方をする人はご遠慮ください。ノルマは、関係ありません。アウトプットを高めるために、日々努力するのは仕事人としては基本です。

Q:営業は具体的に何をしますか?

A:たとえば、ハネムーン・サイトの場合、旅行会社のハネムーン担当者にサービスの紹介をします。法人向けの営業ですね。

オーソドックスな流れは、

  1. 旅行会社に電話をする
  2. 訪問して、サービスの紹介をする
  3. 受注し、サービスを開始する
  4. サービスの有効活用について継続的にフォローを行う

という感じでしょうか。弊社で行っているサービスの場合、クライアントに継続利用してもらうことが前提なので、フォローや追加提案のウェイトも大きいです。

Q:ホームページの制作とかをしていますか?

A:請負の仕事は、基本的にはしていません。

 

◆ 事業について

C40-51

Q:安泰ですか?

A:安泰はないですね。常に、チャレンジです。巨人と、敢えて戦うのも面白いかと思います。

Q:取引先は、直接と代理店と割合はどのくらいですか?

A:取引先の99%が、直接取引になります。受注した後の、フォローと継続的なサービスの改善にかなりのエネルギーを使うので、直接ケアする必要があるためです。

Q:どういった企業が競合ですか?

A:世の中、異業種間の場外乱闘が当たり前の時代になっていますので、どこでも競合になりえると思います。しいて意識しているというと、リクルート社さんですね。

Q:強みはありますか?

A:いくつかあります。ヒミツなので、面接で聞いて頂ければ、詳しくお話します。1つくらい暴露すると、格好の良い業界は触らないことです。

興味がありましたら、お気軽にオフィスにお越しください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

[新卒採用]2019年春卒:編集、システムエンジニア、事業企画

2017年春卒の新卒者の秋採用を始めました。理系大学院生向けの新規事業もスタートしています。編集、マーケティング、コンサルティング営業、システムエンジニアを募集しています。

[留学経験者]限定。学生インターンandアルバイト募集!

留学生向けの新しいインターネットメディアを立ち上げます。

[新卒]本を読もう

私たちは、自分の言葉できちんと考えることを、とても大切なことだと考えています。 そのための訓練として、もちろん楽しみとして、本…

[新卒]何職なのか、それが問題だ

おでんの屋台の親父さんは、何職でしょうか?

[中途採用]システムエンジニア※時短OK、残業なし、女性歓迎!

(2018年3月19日公開) システムエンジニア、プログラマー募集概要:時短OK、残業なしOK! 自社サ…

ページ上部へ戻る